トップ > 濾過材 > 吸着ろ材(活性炭/etc) > Activated Carbon ※取寄品
メーカー別 > LSS研究所 > Activated Carbon ※取寄品
メーカー別 > ZEOvit > Activated Carbon ※取寄品

Activated Carbon ※取寄品

【メーカーマニュアルより】

濾過として高品質の活性炭を使うことをおすすめします。
活性炭の効果が高い弊社以外の製品を使うことをおすすめしません。

水槽の水量1000 リットルあたり、0.5 から1 リットルの活性炭をメッシュ袋に入れます。
30 日毎に活性炭は全量交換します。これで水を透明にし、光の透過性をあげます。

活性炭は、いくつかのタンパク質、サンゴが放出する毒を吸収します。
これはスキマーが水槽内からこれらのものを除去するのと同じです。
活性炭の効果を維持するために数日おきに活性炭をもんでください。
これで、活性炭の孔がつまるのを防ぎます。活性炭をフィルター内に設置して通水しているようにすると良いでしょう。ゼオライトの上に活性炭を置くことも可能であることを試験により確認しました。
いくつかの活性炭の製品を試しましたが、サンゴを色落ちさせました。

活性炭を使うことで水は透明になり光の透過がよくなります。
したがってサンゴが過剰な光を浴びてストレスをうけないか注意する必要があります。
照明をあげる、照明時間を短くするなどの対応が適切です。
もし、高出力のライトを使用しているのなら、使用量は徐々に(2 段階に分けて)増やすべきです。
水の透明度が上昇すると、サンゴの組織にダメージを与えることがあります。
このような場合は推奨量の50%の活性炭を使用してください。

よって推奨よりも多い量の活性炭を使用しないでください。
活性炭はメッシュ袋かナイロン袋に入れ、90℃以上に加熱したRO 水に浸けてください。
24 時間浸けて、冷えてから水槽に移してください。
活性炭をRO 水で洗い、小さな活性炭屑を落としてください。
活性炭からでる黒い屑は水槽に悪い影響を与えません。


設置:

A) 新しい海水とLRの立ち上げたばかりの新しい水槽の場合実水量1000 リットルあたり、0.5 から1 リットルの活性炭を使用し、30 日毎に交換してください。

B) 高栄養塩の水槽で使用する場合:

実水量1000 リットルあたり、0.5 から1 リットルの活性炭を使用し、30 日毎に交換してください。

C)低栄養塩の安定している水槽で使用する場合:

実水量1000 リットルあたり、0.5 から1 リットルの活性炭を使用し、30 日毎に交換してください。

これらの4 つの要素を使うことで、アクアリストによって測定可能な水質を自然のレベルに近づけます。
すべての水槽が異なる環境になっています。
各水槽の栄養塩を生み出す生体が違うだけではありません。
微生物の種類も量も違うのです。栄養塩を消費するサンゴのような生物の総量によって水槽に添加する正確な添加量は異なりますので、理論値を書くのは難しいです。

上記のことを頭に入れ、過剰添加せずに最適な量と添加間隔をゆっくりと探し、システムの性能を引き出してください。 

価格 : 円(税込)
ポイント : 118
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。

選択
500ml
1000ml

商品代金の合計が12,000円以上で送料無料(ご注文内容で例外あり)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ